暮らしの標本映像
1/8
2016年10月前年度KIZUKI THEATERを開催した山のおんぶ会場内で
暮らしを映像で標本化するアート作品を(un)ARCHITECTSのお二人と共同で制作致しました。
 
「食べる」をテーマにして人々の何でもない日常の食卓の光景を大テーブルの上で食事をしながら寛ぎながらiPadで鑑賞出来る作品
 
「呑む」をテーマにして様々な呑むシチュエーションをダンボールで制作した簡易VR機器を通じて疑似体験して実際にそのシチュエーションに合ったお酒を選べる作品
 
「着る」をテーマに様々な人に靴下についてインタビューをし、靴下という衣服でも微妙な立ち位置にある存在から着ることや着飾ることに対する価値観を浮き彫りにする作品
​以上3点を屋外展示致しました。
​記録媒体としての映像の特性を作品に昇華することを意識し制作致しました。今後も場所を変え、暮らしの標本映像を試みたいと考えています。

©2017- ShinYamane