kujukuri beach cut
1/6
2016年の初夏の少し肌寒くて風が強い日の九十九里浜。
 
一人の中年小太りのおじさんが、一足早い夏気分を味わいたいためか上半身裸体で日光浴を楽しんでいました。
その姿がなぜか可愛らしく、たまたま持っていた50mmのレンズを装着した一眼レフカメラでその様子を撮影してから100日間。
 
毎日、海に行っては九十九里浜の様子をカメラに収めました。
以来、私の中では海といえば九十九里。賑やかで華やかなビーチではなく、人も少なくだだっ広く磯臭い、浜が好きなんです。
全作品、コチラを遡って頂くとご覧頂けます。

©2017- ShinYamane