【展覧会】山根晋 写真展『遷す、ENTO / MEIPIN』


年内、黒田泰蔵さんの円筒 / 梅瓶を撮影した作品で個展を開催させていただきます。

是非ご覧いただければ嬉しいです。また、25日(土)には主催である森岡書店の森岡督行さんと、株式会社タイゾウの木本和久さん、写真誌『IMA』のエディトリアルディレクターである太田睦子さんとトークショーを行います。こちらもぜひ。詳細とお申し込みはこちらより>https://peatix.com/group/9991760


在廊予定日|12月21日(火)・22 日(水)・23日(木)・25日(土)・26日(日)



山根晋 写真展「遷す、ENTO / MEIPIN」

映像と写真を主たるメディアとして活動する山根晋が、黒田泰蔵作品集『A day in February with light -Kuroda Taizo』(森岡書店刊)のために撮影した、「円筒」と「梅瓶」の写真を展示します。黒田は、最晩年、「円筒」と「梅瓶」のみをつくり、「イエスでもノーでもないかたち」と述べました。山根は、今年2月のある1日、光のあたり方の違いによって生じる、両者の移ろいを写真にしました。自身の作品を“写す”でも“映す”でもなく“遷す”と表現する山根。写真の彼方にきっと反映されただろう黒田の最晩年の境地とは。遷された写真に加えて、映像、音を用いインスタレーションで会場を構成します。

山根晋 Shin Yamane

映像/写真作家。

1985年生まれ、神奈川県在住。映像や写真を主たるメディアとし、それらを見えざる現象の記憶装置として扱い、作品を制作している。映像作品の近作に、出版社タラブックスの工房を映した記録映画『南インド、タラブックスの印刷工房の一日』(2018)、台湾シャーマンとの滞在交流(台湾台南市AIR)からインスピレーションを得て制作した『隱身瞞風』(2020)、奈良春日の杜に積層する原始宗教的な時間を掬った『春日森絵巻』(2020)など。写真作品には、陶芸家・黒田泰蔵氏の生前最後の作品写真集『A day in February in the Light - Kuroda Taizo』(2021|発刊:森岡書店)がある。

音 / 辰田 翔

空間設計 / 山根 晋・辰田 翔

会期 12月21日(火)―26日(日)

時間 13:00-19:00

場所 GOTTA

   東京都千代田区九段南2-2-8 松岡九段ビル201

入場料 ¥500

電話 03-3535-5020(森岡書店)

主催 株式会社森岡書店

協力 FLAT LABO・EAR+田口音響研究所 12月25日(土) 20:00―21:00には、トークイベントを開催します。

第一部:山根 晋(映像/写真作家)×木本和久(株式会社タイゾウ代表)×森岡督行(森岡書店代表)

第二部:山根 晋(映像/写真作家)×太田睦子(『IMA』エディトリアルディレクター)


会場視聴チケット/¥1000、オンライン視聴チケット/¥500

ご購入はこちらから https://peatix.com/group/9991760